<質問>年間の支出『変動費』である 空室対策の費用をどう抑え削減するか?


また連絡が来ました!

4月からスタートした個別相談会に来た大家さん、
メルマガ読者さん、
コンサルを受けてる大家さん、

その中の30名大家さんが
50空室が埋まりました〜〜

5ヶ月間の閑散期に、
諦めないで素直に実践した
大家さんの成果だと思います!

私ができるサポートを
精一杯させて頂きます!!!

本当に、心の底からじ〜〜んと嬉しい、
感謝の気持ちです!
フィーリングリフォームに共感して頂き、幸せ!

 

14191990_551503228394234_7366137155275177455_n

集まってくる大家さんは
不動産購入のスキルが高く
勉強熱心の方々がほとんどです!!

だからこそ、事業収支を考える中で
誰より早くアンテナがはれるんだと思います。

 

個別相談者の方でこんなご相談が多くありました!

年間の支出で変動費になる
空室対策の費用をどう削減するか?
例えば、

●広告費を年間に支払えるのが目安か?

●年間でどの程度リフォーム費用を目安のするのか?

●現状回復かフルリノベするのか?

●どの部分で差別化リフォームをするか判断はどうするのか?

●誰のためのお部屋づくりをしているのか?

 

リフォーム業者さんは
あなたの物件の利回りやお財布事情を心配はしませんよね!

 

30名大家さんの50空室が埋まった事例と

1

3つの軸に基づいた研究において
これからメルマガを書いてみようと思います!!