【三鷹の築古ワンルーム】家賃6000円UPでき空室が10日間で埋まった秘訣は何か?


住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム専門家
山岸加奈です。

 

 

 

大家さんが
家賃の手残りの現金を増やしたいなら

家賃をあげるか、
コストを下げる
しかありません。

 

家賃をUPするには
限られたエリアであったり
100万以上の差別化リフォームすべきだし
入念なマーケティング必須だし

徹底的な努力が必要であるが
成功の保証はないのです。
機会損失も増えていく
一方です。

 

だか一方

年間家賃をあげることはできないけど
利益を上げることはできます。

早期に入居を決める。
リフォームのコスト削減。

 

あなたの物件で空室を埋めるために
空室対策で
必要最低限で取り組めればいいのです!

 

 

 
今までの空室対策を見直することで
計画中のリフォームを見直しすることで

フィーリングリフォームの3つのメソッドで
再スタートできると

必ず成果につなげられるでしょう。

 

 

フィーリングリフォームアドバイザー
荒井小百合さんが

 

三鷹の築古ワンルームを事例にし
家賃6000円UPでき
空室が10日間で埋まった秘訣は何か?

を教えて頂きました!

 

秘訣をシェアさせて頂きますね!

 

 

 =============

三鷹物件は
築40年を超える昭和のアパートで、畳部屋です!
 

大家として空室は1日でも早く埋めたいものですよね!
 
退去する報告を受けてから、
どれだけ早く動けるかが重要だと心に決めました!

 

 

 
 
退去が10月末でした。
入居申し込みが入ったの
10日間後でした。
 
 

 

実は

今回は今までと違い家賃を
共益費込みで
¥6、000アップ

してみました。
 

 

 

●物件のある地域周辺の家賃相場を
改めて調べ直したこと、
 
●バス便ながら複数の駅へ行けること、
●平坦な地であり周りに
商業施設や市役所・郵便局があることを勘案したこと、
 
 
 
 
募集するにあたり、
元付け業者さんとミーティングすること
から始めました。



 
地元の客付け業者に
家賃UPの上限金額6000円UPが
可能であることを確認できたこと


最大限度の家賃を設定したこと


プチリフォームしたこと。
畳の表替え・キッチンの前面パネルを木目調に変更
ガスコンロの設置など


 すぐ物件の広告をネット掲載に出したことです
 入居申し込みが入ったの
10日間後でした。
 
13776019_535058310038726_1128685896687306830_n
15094367_588396221371601_737517410724649699_n
15055889_588396111371612_8591398483626124446_n
 
 
 
 

この早期申込の秘訣は、

●事前に元付け業者の管理会社さんと
しっかりとミーティングでき、戦略を練ったこと

 

●連絡の迅速さ
●プチリフォームで設備を良くしたこと
 
結果に繋がりました。
 
 ペルソナは
20代の若いカップルを
想定していました。
なんと入居者さんは
20代男性でした。
 
 
  =============
 
 ありがとうございます!
 
 
今回の物件は
三鷹という人気エリアだから
プチリフォームで6000円アップできたのです!
 
 

カンチガイをされてしまわないように!

エリアのマーケティング調査をした上で実践するようにしましょ!

 
より迅速に入居希望の大家さん
リスクヘッジできないので
要注意!