【繁忙期の不動産業者さん営業まわり】誰よりも情報収集とアドバイスを頂ける秘訣とは?


住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®専門家
山岸加奈です!

 

 

 

 

あなた自身の満室御礼にするためには
どんなことをされてますか?

 

繁忙期の仲介営業マンは超多忙です!
そんな時期に
サラリーマン大家さんは土曜や日曜に
下記をもって
営業周りに行ってませんか?

●名刺
●入居募集のチラシ
●物件の写真データ

 

 

 

『空室が埋まるポイント』
をひも解いてお話していきたいと
思います!

 

 

1.jpg

今日はわたしの頭の中の当たり前を
シェアしたいと想います!

その内容は
これまでの私の失敗談&実体験
空室を埋める段取りの軌跡から
得たことです!

 

 

2年前の私は

他の不動産コンサルタントや
大家さん仲間に
分からないことがあれば
なんでもなんでも
相談していました。

 

これって
『TAKE=ほしい』
なんですよね!

 

TAKE!TAKE!TAKE!TAKE!TAKE!TAKE!
あなたの身近にTAKE星人っていませんか?

住む人の気持ちを考える
フィーリングリフォーム®
を発信し始めたころ

 

 

私もやっと
TAKE星人を卒業し
『GIVE=与える』達人になれる!
と想っていました。

 

 

お世話になった
不動産コンサルタントや大家さん仲間に
恩返しができると想いました。

そこは大きく
勘違い&間違っていました。

 

私の恩返し相手は
私が与える相手ではないのです。

 

そうなんです!
私は
「TAKE」相手に手渡さない
意味がないと
分かりました!
住む人目線の空室対策は、
住む人の気持ちを考える
リフォームやモデルルームだったり
低コストでリフォームが済んだり

 

空室に困っていない
不動産コンサルタントや大家さん仲間ではなく

空室に困っている
大家さんにしか
全くこころに響かない訳ですよね!!(笑)

では少し
考えてみてくださいね!

この繁忙期に


初対面の
不動産仲介業者さんは
空室で困っている大家さんの
あなたに対して
TAKE情報

簡単には
『与える達人』にはなるでしょうか?

 

 

 

答えはNO!

 

 

 

初対面の
不動産仲介業者さんは忙しい訳です。

あなたの物件の管理会社さんが
動かないと空室をうめてくれないと
不満に思ったりしてませんか?

 

管理会社さんが動いてもらえないのではなく、
あなたの伝え方が一方通行なのです!

 

人は

自分のことを理解してくれる相手を
話を聞いてくれる相手を
好みます。

わたしの頭の中の当たり前は常に

『相手にとって●●●で喜んでもらえるには?』
『私のお願いを心地よく動いて頂けるには?』

 

 

考えながら日々を考え動いています。
いつも頭の片隅に置いておきます。

 

あなたはそんなふうに考えて
具体的に何かをされてますか??

 

情報収集とアドバイスを頂ける秘訣には

まず

不動産仲介業者のお兄ちゃんも
入居者同様に
お客様と想うことが大事なのです!

 

続きはまた明日書きますね!!

 

 

 

ところで

あなたの
「大家さんのシゴトをやる理由」
はなんですか?

あなたにとって
大家さんのシゴトで
楽しいと感じることは
なんですか?

 

お金だけですか?

こういったことを
考えることから

あなた自身の大家業「プロデュース」
はじまります。

 

 

あなたの大家業においても
何か参考になれば幸いです。

 

明日も

あなた自身の満室御礼にするためには?

『空室が埋まる3つのメソッド』

 

これまでの私の失敗談や
空室を埋める段取りの軌跡を基にして

これらのポイントを
少しずつ紐解いていこうと
想っております!