【空室率27%激戦区】3年以上空室だった4室を埋めれない私の初☆残念な経験!!


住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®専門家
山岸加奈です。

 

 

 

こんばんは。

 

今日は
私の体験談を話しますね!

 

声を大にして言いませんが
私も2代目大家さんです。

 

 

実家の大家業は、

 

大家さんになる2012年以前
まったく無関心でした。

 

空室が多い不動産なんで
負の遺産と思っていました!

 

そのような中、
2012年に父の大病を契機にし、
新米大家さんになりました。

当時、札幌にある実家の物件は
築35年の築古物件でありました!

3年間以上空室のまま
14部屋中4部屋が空室でした。

 

この物件の空室を
なんとかしてほしいでした。

 

 

知識もゼロ
実績もゼロ
人脈もゼロ
のスタートでした。

 

初めての空室を埋める経験が

札幌市白石区の
27%激戦区!

広告費AD3ヶ月が当たり前

今思うだけでも恐ろしいです(笑)

 

当時の私は、
空室率27%という
激戦区の現状を把握できず

広告費の意味さえも知らず
手探りで
闇雲に空室を埋めようと必死でした。

 

必死で
いろんなことをあれもこれも
トライしつつ

全然反響がない
悪戦苦闘でした。

 

 

 

 

だって

大規模修繕やリフォームは
バッチリしたんですよ!

 

 

 

 

がしかし

 

6ヶ月間も

ぜんぜん

空室が埋まりませんでした。

 

内見者もほぼゼロでしたね。

 

 

新米大家さんであった私は、

リフォームすれば
空室は埋まると信じていたのです。

 

こんなに素敵なお部屋なんですよ!!

 

 

がしかし

どんなにリフォームしても
埋まらなった現実なんですよね(笑)

 

 

 

よくわからないまま
6か月間ぐらいは放置したまま

 

 

もしかしたら・・・・
業者さんから
連絡がくるかも・・・

 

いやいや・・・

内見者の申込みの
電話さえありませんでした。

 

 

今の私があるのは

 

これから
空室を埋めることで
いろんなことに

 

気がついていくんですよ!

 

 

 

またこの続きは明日書きます!