【ウチコミタイムズ8月号表紙掲載】『心に思い描いた入居者を引き寄せよう。』取材!!


住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
コンサルタント山岸加奈です!

 

 

 

 

こんにちは!!

 

なんと

大家さんの27752名
会員登録の
大家さん向け無料の情報誌

「ウチコミタイムズ8月号」に
取材を受けた記事が掲載されました!

さらに表紙にも!!

本当に嬉しいですね!!
ぜひ共感したあなたも
管理会社さんや大家さん仲間に
シェアして頂けると嬉しいです!!

 

 

『心に思い描いた
入居者を引き寄せよう。』

タイトルがとっても素敵〜!
フィーリングリフォームの
ペルソナ設定ですね!

 


こんな思いで入居が決まる
空室対策って素敵ですよね!

内容は乞うご期待!!!

 

ちなみにこの情報誌は
ご自宅に無料で届くそうですよ!!
ここから登録してくださいね!
なんと
この時期でも

空室が埋まらない閑散期でも

空室が埋まったご報告を頂きました!

おめでとうございます!!!
とはいえ、
あなたの空室が埋まらないのはなぜでしょうか?
空室が思い通りに
埋まらない原因
あなたにもチェックして見ましょう!





□この時期は閑散期だから?
□繁忙期ではないから内見者はこないから
□内見を案内できるお部屋ではないから?
□競合物件の増加で埋没物件になったから?
□競合物件が格安の家賃設定にしたから?
相場家賃が低下したたから?
□高級感志向離れ?
□生活の豊かさを住環境に求めていないから?





上記の中に
自分もそう思っていたものが該当したら
要注意ですよ!!
なぜなら
「空室が埋まらない原因」
これらの「よくある答え」
のいずれでもないからです!
「空室が埋まらない原因」には
2つしかありません!





1)入居者の需要数と賃貸物件の供給数。
需要と供給のバランスが取れておらず、
どんどん新築物件が増え続け
未来の入居者は物件を選び放題であること!





2)未来の入居者を「ここに住みたい」
という気持ちにさせられていないこと!
たくさんの大家さんは
この原因を見過ごしているのです!





なぜなら

いつも

「未来の入居者」ではなく
「お部屋の整備や間取り」
「物件の立地」
「利回り」

「家賃の数字」
ばかりを見ているからです!





多くの大家さんは
満室に向けて考えるとき、
ごく自然に「どうしたら
この空室が埋まるのだろうか」
と考えます!
物件の家賃で
あなたの収益
つくってくれているのは、
「入居者」なのです!





だからこそ
たくさんの物件の中で
あなたのお部屋に
「住みたい」と感じた
未来の入居者に出会う
そして結果的に
あなたの収益はつくられるのです!
つまり
空室を埋めようと考えるときに
適切な質問は
「どうしたら未来の入居者が
内見に来てもらるんだろう」
 
「どうしたら未来の入居者が
「住みたい」気持ちに
させることが
できるだろうか」
となるのです!!





あなたの「空室」ではなく
「未来の入居者」を軸に考えてみましょう!
つまりこの軸で
大家さんのあなたが

『心に思い描いた
入居者を引き寄せよう。』

という捉え方をすれば

即日入居が決まる
空室対策になっていくはずですよ!!