【京都不人気エリア3万円以下】ダメ管理会社はさっさと変更を考えるべし!


住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
コンサルタント山岸加奈です!!

こんばんは。

昨日またまた空室が埋まった報告で
空室353室になりました!

2017年4月から
閑散期5ヶ月間で
空室が埋まった空室は
なんと113室です!!

ありがとうございます!

先日、京都物件のコンサルを
してきました!

管理会社の担当者さんは
空室が埋まらない理由
や言い訳が多い方でした!

言い訳ばっかりいう人とは
会話が成り立ちません。。
私は心の底から
本当に思うことを言いました!
私『空室が埋まらない
ネガティブな情報は

今のタイミングではいりません』

私「もっと構築した話をしましょうよ」

私「空室が埋まる提案はないか?」
と聞いたところ

担当
「それにはお金が必要です!」
「リフォームしないと空室は埋まらないです!」
「とは言っても、リフォームしても空室は保証できません」

 

不人気エリアで
ワンルームマンション
家賃2万円のお部屋に対して
30万の差別化リフォーム
が必要だそうです!

 

 

どうですか?
費用対効果を考えると・・・
考えてしまいますよね(笑)
即入居できる部屋が
まだまだあります!
稼働率低く、返済率高ければ
キャッシュアウト寸前であれば、
どうですか?
まずはじめに
稼働率90%以上を
目指した空室対策
おすすめします!
私なら
リフォームばかりを優先する
管理会社さんではなく、

下記5点を満たす
管理会社さんの変更を
おすすめします!

●客付力が強い

●営業ネットワークがある
●駅近に店舗がある
●「空室が埋まる」提案する
●物件エリアが把握されている。
この5点があれば
バッチリです!!!
追加でモデルルームをしました!
当初のお部屋はこんな感じ!
写真映えする画像を
SNSに掲載するために
紺色が好きな20代男性をイメージました!
↑↑↑↑↑↑
広角デジカメで撮影しました!

コストパフォーマンスがよい

スリーコインズや100円ショップ
IKEAで買い出ししました!!

大事なのは
これからですよ!!
やっと
決め物件になりました!

多くの大家さんが
実践できていない

決め物件に導く
動線づくり

 

を実践していきましょう!!