【失敗談】1DK家賃4万とリフォーム80万の費用対効果を誰が判断するのか?


 

こんにちは。

 

 

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

 

 

 

今日はオーナーさんと私の
【失敗談】をシェアしますね。

テーマは
1DK家賃4万と
リフォーム80万の
費用対効果を
誰が判断するのか?

 

 

<前半編>

私と出会う前のオーナーさんの話です。

空室を埋めるためのリフォームは
原状回復だけでも100万
フルリノベーション300万

リフォーム業者さんの通りに
リフォームをしました。

内装インテリアのコーデ80万
インテリアコーディネーターさん
予想以上の素敵なお部屋になりました。

 

その後

請求書が届き、
「これで入居が決まれば」と思い
リフォーム費用を支払いました。

このオーナーさんの物件は
1DKの家賃4万円です。

実は

誰も費用対効果を考えず
入居募集まで考えておらず
サポートして頂いておりませんよね?

リフォーム業者さん?
インテリアコーディネーターさん?
建築家さん?

管理会社さんだって
あなたの物件だけを
えこひいきのサポート
ではないでしょう。

空室を埋めるノウハウを
熟知する空室対策のコンサルタント
にアドバイスやコーチングされませんか?

空室565室埋めた実績を持っている私なら
低コストのピンポイントでそれができます!

賃貸業界を知らない
建築家さん?

4万円のワンルームに
80万のインテリア提案する
インテリアコーディネーターさん?

空室を埋めるノウハウを知らない
リフォーム業者さん?

みんな知らないですし
教えてもらえるわけでもありません。

 

無能すぎませんか?
少し知識がある
インテリアコーディネートさんであれば
80万の別の使う道を
アドバイスできるのに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

<後半編:私の失敗談>

実は・・・・

新米大家の私は
早く空室を埋めたい
空室をリフォームしたい

早く満室御礼にして
次の物件を購入したかったんです!

 

だから
リフォームコンサルタントさんに
依頼しました。

 

素敵なお部屋は
提案していただきましたが
空室が埋まるノウハウまで
教えてもらえませんでした。

 

とほほ。

2DKのリフォーム100万以上支払いました。

だからといって
家賃が上げれるわけでもなかったです。

 

 

わたしの実体験を教訓にし
空室を埋めるために

リフォームの提案
管理会社の変更アドバイス
管理会社の選定サポート
現地のヒアリング
などをひっくるめた
コンサルティングなのです。

 

だからこそ
不人気エイリアでも
地方都市でも
3年だって
1年だって

空室が空いている現状でも
立ち向かうことは問題ありません(笑)

『埋まらない空室はない』
と信じれるからです。

 

都市計画を12年も研究していたから
そのスキルを活かされているため

他の不動産関係の本には
掲載されていない
空室対策ではないから。

 

無駄な時間を削って
サクサク空室を埋める

空室対策のコンサルタント
と一緒に満室をゴールにして
がんばりませんか?