【足利市2LDK4.5万】なぜ80万リフォーム費用から50万コスト削減できるのか?!


住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®専門家
山岸加奈です。
先日、足利市に所有する大家さんと、
現地視察やヒアリングをしている中で
ふと、こんな質問がありました。
___________________
なぜ80万のリフォーム費用を
削減できるのか?
と質問がありました!
___________________

2LDKを想定すると

●都内の2LDK家賃15万円に
住む入居者さんと

●足利市の2LDK家賃4.5万に
住む入居さんとでは

お部屋に対して
求めるモノが違うんですね!

15965461_619503091594247_8783758690901491804_n
私はそのさじ加減で
おおむね
把握することができます!
住む人の気持ちを考えた
フィーリングリフォーム®
の強みです!
考えてみてください!
わざわざ
築古物件のひと部屋のため
リフォームのプランを考えたり
見積もり項目を見直したりするのか?
大家さんは節約をしたいんですよね!
購入した期待利回りではなく、
実質利回りをUPさせたいのです!
年間事業収支計画の中で、
リフォーム費用を削減し
純利益をあげたいわけですよね!
つまり
物件を売却しない限り
賃貸経営を一生続くのです!
一生続く中で、空室対策を行き当たりバッタりはNG!
しっかりとPDCAをすべきなのです!
では
空室がある大家さんは
何をするべきなのか?
今日は一つのテーマを
噛み砕いてお話しますね!
確実に空室が埋まる
リフォームのさじ加減を
リフォームのノウハウ
です。
空室132室が埋まった事例や
空室が即日埋まったリフォーム事例
内見者の心を射止めるモデルルーム事例
私のセンスだけで
できたわけでもありません!
先日、足利市内にある物件を
オーナーさんと見に行きました!
リフォーム業者さんに依頼すると
相見積もり書50〜80万でした!

__________________

『何を基準にすれば
コスト削減できるでしょうか?』

__________________

フルリノベのてんこ盛りにせずに
空室が埋めるリフォームの基準を
自分で根拠を拾い集め判断するのです!
リフォーム業者さん80万を支払い
インテリアコーディネーターさんに
インテリアを依頼し50万を支払い
空室期間6か月では、

本末転倒なのです!!

その物件の本質を見極めて
空室が埋まる具体策を練るのです。
そのためには、根拠が大事です!
では
どんな根拠はどうするのか?
ここでフィーリングリフォーム®の3つのメゾット!
1
1)現状把握:
徹底的に空室が埋まるための
根拠を拾い集め、見つけるのです。
2)ペルソナ設定(物件に住んで欲しい入居者):
根拠と擦り合わせたペルソナを設定し、
リフォームやモデルルームを実践する。
15978007_619503104927579_4170901799452258897_n
あなたなら、
このキッチンをどうリフォームしますか?

●都内の2LDK家賃15万円に
住む入居者さんのキッチン

●足利市の2LDK家賃4.5万に
住む入居さんのキッチン

お部屋に対して
求める質感や設備機能が違うんですね!

 

3)物件広告
管理会社の客付体制が土地柄によって異なります。
地方で老舗と言われてる管理会社さんは、
頭が固い地主さんと仲が良いので
不動産投資を考える大家さんには向かないでしょう!
ただ、しっかりした根拠があれば、
管理会社に共感されて、
チームビルド強化できるかもしれない。

白い壁で似たような間取りの物件
ポータルサイト検索
(スーモやアットホーム、ジモティー等)では
目に留まらず、他の物件と同様に埋没していきます。

ぜひ
お部屋を探している方々が
ハッと目を引く
反響のある
あなたの物件であるかが
大事です!
ピンときて行動するなら、
私にご相談してから、
空室対策をすると
無駄な時間がなくなりますよ!!