空室が埋らない理由【8月の閑散期】たくさんの虫が生存する共用部と気がつかない大家さんはNG!

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

賃貸住宅業界には繁忙期があります。
それは1〜3月、さらに4月は
お引越しシーズンなんですよね!

 

9月、10月は
法人の移動があります。

空室をお持ちの大家さん
入居募集を促進させて
早めに
満室御礼にしたいモノですよね。

メインに空室を見る機会があり
リフォームしなくても

空室は埋まる物件もありました。

2017年の閑散期と
2018年の閑散期は
少し動向が違っています。

空室と満室の2極化の現実になってきてます。

 

私が現地視察へ行った時に
意外に気がついていない事実があります!!

空室が埋まっていない物件には
実に共通な残念な点があります。

 

そのひとつが
共用部がとても汚いんです。

本当に気が付いてほしい事実なのです。

やっぱり
初対面の人が身なりが汚ければ、

好印象にはなりません。

 

12036795_438478749696683_7229232309027898757_n

↑廊下に新聞紙やゴミが散らかっています!

10418307_438478716363353_6281434803543235060_n

↑さらにはポストにはチラシの山です。
埃や砂などが廊下にあるのも、見た目がよろしくない!

 

これは・・・
もう・・・・残念過ぎますよね。


だって・・・虫がわきやすくなりませんか?
たくさんの虫が生存する共用部なのです(笑)
詳細は書きませんが。

家賃が安くても
私自身が住みたくない住環境です。
汚れていれば、
さらに汚くなっていきますよ。
私はそんな現場を垣間見ました。

つまり、そういう汚いところでも
OKな入居者は、

対応や生活態度もガサツに汚くなりますよね。。

 

 

 

大家さんのあなたが
満室経営を望んでいるなら

 

 

ぜひ、
空室を埋めたい想いを込めるためには、

現地へ行き
ご自身でご掃除しに行ってみましょうね!

 

つまり

良心的な入居者にすんでほしいですよね。

いつも滞納しないで
お部屋をきれいに使う入居者
住んでほしい訳ですよね?

 

 

 

遠方の大家さんは
管理会社の皆さんに
感謝の気持ちを込めた
菓子折りを添えて

お願いしてみましょうね!!
残念すぎる事実だけど簡単できる解決策
今後もお伝えしていきますね!!

CI VEDIAMO A DOMANI!!