『また内見者1名来たのに入居が決まらない』大家さんを演じちゃだめ!


住む人の気持ちを考える
フィーリングリフォーム専門家
山岸加奈です。

 

 

「また内見者1名来たのに入居が決まりませんでした」

とメールが来ました!!

 

 

凹まず安心してください!
中古物件は5名の内見者できまるはずだから!
※なぜこの5名であるのか?知らない人はこちらへ
【もったいない】『内見者と成約率』の数と質を把握しなければ早期満室に近づかない!

 


5名内見されても
成約に繋がらないなら問題!

 

その時は私が問題点を抽出するために相談に乗りますから!
次の内見につなげたい想いがあるならば
すぐ5分で実践できることをすぐやりましょうね!

 

 

それは

案内して頂いた仲介業者さんに
電話をかけてみましょう!
時間のある方は出向いて
焼きそばを持っていきましょうね!

 

ここで大事なのは

営業マンを責めるのではなく
笑顔で明るく、さらに謙虚に

 

「すみません、ちょっと5分程度いいですか?」
と快く対応して頂けたら

 

「内見されると伺っていましたが、
その後ご連絡なかったので入居に至らなかったかと思う」

と残念がります!!

 

ここで

謙虚に素敵な入居さんが入って欲しいと思う
頑張っている大家さんを演じてくださいね!!

 

それからヒアリングしたい点を聞いてみましょうね!!

「なぜ内見者さんは自分の物件を気に入って頂けなかったのか?」
「来られた内見者さんの反応はどうであったのか?」
「もし改善できるならどんなことがあるか教えてほしい!」

 

実践された方は
ぜひメールで教えてくださいね!!
頑張っている大家さんには
私からの応援として
こっそり次の手を教えちゃいますよ!