【群馬大学1km圏物件】3月に全空11室中5室以上埋めて4月には満室にできないか?

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。
 
 
 
 
 
こんにちは。
 
 
 
 

前橋市内に物件所有されている
東京在住の女性オーナーKYさん(40代)
からご相談でした!
 
 

物件の全空11室を
この繁忙期3月のタイミングに
埋めるためにどうするか
具体策を伝授しました!

 
 
 
学生物件を所有されている大家さん
これから満室に向けて
詰めていってくださいね!!
 
ご感想をシェアしますね!
 
 
―――――――――――――――――――

初めて全空物件を手がけることになり、

自分の知識だけで埋められるのか
不安がありました。

私の知り合いで
山岸さんの指導を受けて
客付に成功した方がいました。
 
 
 
フィーリングリフォームの
空室対策の手法に
前々から興味を持っていたこともあり、
今回の物件を機会に
相談にのってもらいたいと思いました。
 
 
 
事前に無料の
「マンガで学ぶ空室対策」
やメルマガを拝読していたので、

そこからリフォームに関する
基本的な考え方を得させてもらっていました。

特に「ペルソナ設定」をすることで、
何が必要で何が必要でないかを
はっきり認識できる
ようになる事は大きな学びでした。

山岸さんの個別相談では 
管理会社さんとの付き合い方や、
また周囲の協力を
うまく取り付けていくといった事を
指摘してくださり、

自分の足りていないところを
認識することができました。

このフィーリングリフォーム®
個別相談会は

空室を埋めるには
どうしたらいいのか悩んでいる方や

自分のやり方で
正しいのか迷っている方に
オススメします。

自分なりに対策をとっているつもりでも、
プロや第三者の目から見れば、
どこかに見落としがあるかもしれません。

そういった気付きがあったり、
自分から積極的に働きかけていく事の

キッカケになると思います。

―――――――――――――――――――

 
 
 
 
ご感想ありがとうございます!!
 
 
 
国立大学群馬大学の
合格発表日程を把握した上で、
空室対策がまずスタートですね!
 
 
 

満室まで道のりをしっかり
スキルアップすれば、
今後の賃貸経営に向けた
KYさんの財産になると思います!
 

応援しております!