【速報空室701室】アカデミー開催で空室対策の3つのメソッドの構造をシェアしました!

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

 

 

 

速報!!

空室が埋まった報告
空室701室

 

1000室も近くなってきました!
感謝!感激ですね!

今朝10時半から先ほどまで
個別コンサルのミーティングでした!

 

個別コンサルのオーナーさんの物件
空室2室に申込みありました
とご報告ありました!
おめでとうございます!

岐阜物件を所有されている
オーナーさんと
空室対策アドバイザー大脇さんと
Skypeミーティング!!

なかなか動きがなかったはずが
この時期に申込み空室2室!!

 

先ほど電話ミーティングした
オーナーさんより
4月に空室3室申込みありました!

GW時期も動くところでは
動いておりますよ!!

あなたの物件はどうでしょうか?

しっかり仕込みと段取りは
されていれば大丈夫ですよ!

きっと大丈夫なはず!

 

そうではなかれば、
実践することは
現状把握するべしです!

 

 

先週土曜日は
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント養成
アカデミーを開催しました!

このアカデミーでも
とても大事にしているのが
現状把握をすることです!

 

フィーリングリフォーム®の
空室対策のメソッドはシンプルです。

 

大家さんが満室御礼に到達できる道のり!
そのスタートダッシュは
現状把握であります。
その1次情報が土台であると
提唱しております!

アカデミー生に説明した
内容ひとつシェアしますね!

 

<空室対策の動向について>

1年間通して考えると
私は3期ぐらい分けて考えます。


1月:繁忙期
2月:繁忙期
3月:繁忙期
4月:繁忙期少し:管理会社変更

5月GW中:管理会社&仲介業者は休み
5月GW後:閑散期:リフォーム期間
6月:閑散期:リフォーム期間
7月:閑散期:リフォーム期間
8月:かなりの閑散期〜お盆
8月お盆明け:プチ繁忙期・・・


9月 :繁忙期
10月:繁忙期
11月:一度おさまる
12月:単身限定プチ繁忙期
    駆け込み単身者は危険!

 

一番心配する時期は赤字の期間、
つまりGW後のこれからです!

ぜひ引き締めていく必要があります!

がしかし、
現状把握による
仕込みと段取りをすれば
大丈夫なのです!!

あなたはまだ知らないだけです!
続きはまた明日書きます。