【閑散期に空室3室が埋まる】空室を埋める方法としてペルソナ設定と捉えてみましょう!

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

こんにちは。

『空室を埋める方法』として
ペルソナ設定をすることをオススメします!

これから
フィーリングリフォーム®
のポイントなのです!

フィーリングリフォームとは?

大家さんが思い描いた
未来の入居者さんに出会えるきっかけづくりをすることなのです!

実はそう考えると

楽しいのです!

新米大家さんだった私は
実は・・・・・・
不安で不安で
しょうがありませんでした。

その不安が払しょくできるほど
楽しく感じることができるようになりました。

 

 

ではでは
ここで質問です!!!

この閑散期に

あなたの空室を埋めるために
どんなことをされますか?

 

1)リフォームをする
2)家賃を下げる
3)未来のお客様を考える

 

 

私は
未来入居者さん
(=ペルソナ設定)
と考えます!

 

 

 

簡単に言うと

あなたの物件に
どんな人が住むかを決めると、
●リフォーム費用の削減
●低コストのモデルルームの設置、
●的を得た入居条件の提示

ができるようになるのです!!

 

すると

 

 

 

『ご相談しておりました、
私の2DKの空室3部屋。

今月2部屋。
来月1部屋の申込み、頂きました!!
有り難く、
山岸さまにも報告いたしたく
メールをしました!』

 

 

私が実践した事例だけでないのですね。
不動産を購入したばかりの新米大家さんが
自ら考え行動し

実践したら
空室が埋まったのです!!!

 

もちろん
私も下支えさせて頂きますよ!

 

 

誰でもできる再現性がある
フィーリングリフォーム®の
3つのメソッドで
具体策を導いていくのです。

 

だから
2年半で空室827室
(2018年7月28日)
空室が埋まるのです。