【速報】20代の内見者99%はネット検索した後に店舗に来るって?!

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®専門家
山岸加奈です!

 

 

こんばんは!

 

3連休が終わりました!!

 

なんと、なんと、
コンサルを受けている大家さんから
個別相談に来られた大家さんから

吉報です!!

『空室が埋まった』
『満室になりました』
というご連絡を頂きました!

 

 

 

今日は

大家直接交渉ポータルサイト
『ウチコミ』さんと
打合せしてきました!
https://uchicomi.com/

 

 

『どんな内容を打合せしたのか?』
口止めされています!!

時期が来たら、フライングで?
こっそりメルマガ読者さんに
先行にお知らせしちゃいます!!

お楽しみに!!

 

 

いろいろ情報交換をしている中で
目指す方向性は同じであるってこと!

 

私の言葉で言うと
「住み人の気持ちを考える」
「ペルソナ設定」

 

 

具体的に言うと

『入居したい内見者の目線を
しっかり考えないと
空室はAD3ヶ月でも
埋まらない時代に近つているよね!』

 

ってことです!

 

 

私がコンサルしている中で感じることを
少し話しました!

 

つまり

 

仲介業者さんや客付業者さんの声として
よく聞くのですが

物件を探す
20代〜40代の方々は

まずポータルサイトで
チェックをすること!

ほぼ99%の方!

 

一方、
チェックしないで
飛び込みで来る方は、

今までの常識の逆で

この人は
怪しい人物?
保証会社の審査に通りにくい人物?

と思われてしまっているのです!

 

この時代はすでにネット社会が常識であり、
ガラケーよりスマホ世代が多くわけです!

 

 

個人的な感覚ですが

6年前はラインでNG!!!
学生の間で使用され良くないアプリ!

 

でも今は
ビジネスのやり取りが
ラインであるのが常識だったりします!

 

この時代は、
非常識が常識になる時代でもあり
その流れを察知できないと

 

今後の数年後には
「賃貸経営」事業は
破綻するんだなぁと感じてます!

 

大家さんの
フィーリングリフォーム®の空室対策の
3つの軸であるメソッド!

 

その物件広告は
これからとても大事です!

 

まず基本は

●ポータルサイト
(スーモ、アットホーム)に

間違いなく掲載されてか、です!

その戦略をどの程度知っていますか?

 

 

物件広告をどうするかは、

●家賃相場の把握も大事ですが

 

もっと大事なのは
●お部屋の写真も大事なのです!

 

 

私はこの1年で
いろんな情報を収集できました!!

もっと語りたいけど
ほどほどにします(笑)

 

本当に空室を埋めたいために
聞きたい大家さんのあなたは

個別相談やワークショップに
来てくださいね!

 

4月1日(土)に
ペルソナ設定入門編ワークショップを開催します!

気になる方は是非いらしてくださいね!
また未公開な話も
参加した方々のみに
こっそりお話します!

%%%_LINK_3875_%%%