【空室560室】繁忙期に退去続き、その後の対処策を具体的に大公開します!

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

 

 

 

こんばんは。

 

なんと
空室560室が
埋まったご報告を頂きました!

嬉しいですよね!!

 

今日のメルマガは
コンサル内容をシェアしますね!

 

 

繁忙期はスピードが大事ですよね!

 

<ケース1>
管理会社選定しながら
次のアクションを指南します。


空室対策アドバイザー大脇さんと
岐阜県のオーナーさんと
Skypeミーティングでした。

 

現段階は
管理会社さんを探しています。

ステージングしたお部屋が
まだまだ露出できていません。

管理会社選定を念頭にしながら、
入居募集を促進するアドバイスをしました。

繁忙期はすぐアクションが大事ですね。

話の最後に
空室がある大家さんより
某不動産会社さんから
「法人契約の案件を持ちかけ
アパートの建て替えの提案を頂いた」
と聞きました。

空室がある大家さんの不安を煽る
業者は本当に悪徳すぎますよね。

ぐれぐれも上記なことをいう
悪徳業者を管理会社にしないように!

<ケース2
繁忙期の退去続きを
どう対処するか、
その具体策を探りましょう!

単身向け物件は
毎年恒例の入居&退去の時期ですよね?

実は満室御礼のオーナーさんなんですよね。
2月末と3月末に退去が続出予定!

どんな対策をすべきか?というご相談でした。

 

大事なことは
現状把握、
懸念材料の抽出、
そして
具体策です。

 

1時間程度話すと
具体策が見えてきました!!

 

具体策として
5つの具体策を提示しました。

1)近隣大学の合格発表日程の確認。
2)退去時リフォーム見積もり→完成のタイムスケジュール
3)ポータルサイトの掲載
4)社会人の入居募集の見込み日程
5)オーナーさんご本人が実践できるジモティ

 

どんどん仕込んでいってほしいですね。