【千葉2LDK家賃6.9万】去年12月新築当時から空室のまま。どんな空室の埋め方がありますか?

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

 

 

こんにちは。

 

 

 

東京都在住の
サラリーマン大家さん(50歳)
(大手通信会社勤務)より
個別相談のご感想を頂きました!

この時期に新築物件を所有された方
今月中に引渡しの方
ぜひ必読くださいね!

 

ここから

―――――――――――――――――――

 

千葉の市原の物件、
2018年12月完成の
新築物件にも関わらず、

2LDKの一部屋だけ、
なかなか決まらず苦戦してます。
横浜鶴見区の物件、今は満室です。
狭小でライバル物件も
異常と思えるぐらい増え、
近い将来の家賃下落や長期空室に
危機感を持っています。

 

私は賃貸経営をやる限り、
満席にこだわりたいと思っており、
そのコツを知りたくてです。

 

また、自分でも色々、
統計を取り、
傾向と分析をしたり、
自らが近隣仲介業者に
コンタクトして
空き部屋の営業も
したりしています。

 

このような攻め方、
対応方法が、正しいのか、
有識者の第三者の目で、
チェックしていただきたくてです。

 

 

家賃帯含めて、
私の空室募集に対する考え方、
取り組む姿勢の大枠の方向性は、
間違えてなさそうで安心しました。

 

ただ、

それでも
苦戦している部屋については、

現地の仲介業者に会って
入居募集のお願いをする重要性

数万円を出費してでも
部屋のステージングの
ポイント

を教えていただき、参考になりました。

 

また、
繁忙期と閑散期でも
地域によって
特徴があり、

それぞれの条件を
考慮した
空室募集戦略
必要であることがわかりました。

 

現時点で、

致命的な空室率ではないですが、
将来の藁にも
すがりたい状況に陥った時、

再度、市況を捉えた、
より具体的な抜本対策の
相談をさせてください。

山岸さんの個別相談は、

賃貸経営を
満室御礼を
真剣に考える大家さんに
おすすめします!!!

―――――――――――――――――――

ご感想ありがとうございます!!!

新築物件でも

満室にならない現状
があるんですよね!

9月10月の繁忙期にも
新築物件が続々募集されてきます!

空室に困っている大家さんは
どのように管理会社さんと
付き合っているのでしょうか?

どう伝えるのか?
どう伝わるのか?

内見者が
どういう流れで
あなたの物件に導かるか
イメージしましょう!

どのような気持ちで
あなたの物件に住みたいのか!
を考えることが大事なのです!

空室のガラガラ大家さんと
満室御礼大家さんの違いは
大きいです!

 

 

今空室がある大家さんの
共通する点は

空室を満室にする
道のりを
ただ知らないだけ!

 

個別相談に来て頂ければ

こうすれば
こうなるという
成果に向けた考動

お伝えしましょう!

満室御礼にしたい方だけ
来てくださいね!


やるかやらないか
本当に本当に
本人のやる気次第ですよね!

 

 

どう考え
どう行動をするのか?
どんな言葉で伝えるのか?

相手がどう受け止めるのか?を

気づくことが大事なんですよね。

例えば

2LDK家賃7万円の
空室6室が満室になれば、

1ヶ月42万円の機会損失を
年間504万円の機会損失を

未然に
抑えることができます。

満室大家さんになるでしょう!

あなたの物件に適した
満室御礼に到達できる道のりがあるのです!!

 

空室を満室にする
道のりを
ただ知らないだけ!

 

その秘訣を知って
満室御礼になりましょう!
応援しております!