【空室683室】繁忙期後の退去続出をどう対処するか?コンサル具体策をこっそり公開!


なんと
空室683室が
埋まったご報告を頂きました!

もう17室で700室ですね!
嬉しいですよね!!

 

 

3月末からスタートした
サラリーマン大家さんの物件!
全空で繁忙期全く反応なかったのに
内見の申込みがありました!
おめでとうございます!

 

苦戦されていた京都物件
管理会社変更後、
着々と稼働率上げてきました!!
これからも頑張っていきましょうね!

 

繁忙期に期待できるほど動きがなかったけど
こないだの仲介業者さんローラー作戦で
本庄の物件に入居申込み!
さらには内見予定だそうです!!
地道に物件の認知度をあげる努力が
成果出てきましたね!

 

 

さらに

初契約を受注できた
空室対策アドバイザー蓮さん!
なんと
フィーリングリフォーム®のメソッドを
実践したことで、今までの状況が変化!
なんと空室が埋まりました!
どんどんチカラをつけていってくださいね!
おめでとうございます!

 

 

 

こんばんは。

 

 

 

住む人の気持ちを考えて
空室をリフォームする
空室対策コンサルタント
山岸加奈です。

 

 

 

 

 

今日のメルマガは
繁忙期後の退去続出をどう対処するか?
コンサル具体策をこっそり公開しますね!
 

 

<ケース1>
管理会社選定しながら
次のアクションを指南します。

 

 
最近私が受けているコンサルは
管理会社選定&変更を含んだ
空室対策コンサルが多めかもしれません。
現段階は
管理会社さんを探しています。

なぜかというは
繁忙期にほとんど空室のままだったから。

 
賃貸経営のパートーとしては
望めません。
 

 

繁忙期後のGWは少しアップダウン、
だからすぐアクションが大事ですね。

 

管理会社選定を念頭にしながら、
入居募集を促進するアドバイスを
頂きましょう。

 

 
 
もちろん
仲介業者さん巡り&ヒアリングをすれば
『ウチの管理は・・・・』と
当然進めてきますよね!
 
 

ぐれぐれも
悪徳的な管理会社にお願いしないように!

空室がある大家さんの不安を煽る
業者は本当に悪徳すぎますよね。

 
 
 
 
 
大事なことは
1)良好な関係を向上すること
2)優先順位を上げれること
3)提案力や行動力がある業者であること

他力本願で
お任せしてしまうのは
以前と変わらない状況に陥ってしまいますので
ご注意を!!

 
 

<ケース2
繁忙期の退去続きを
どう対処するか、
その具体策を探りましょう!

 

単身向け物件は
毎年恒例の入居&退去の時期でしたね。

2月末と3月末に
さらに4月末に
退去が続出予定!

どんな対策をすべきか?
というご相談も多いです。

 

 

大事なことは
現状把握、
懸念材料の抽出、
そして
具体策です。

 

 

具体策として
5つの具体策を提示しました。

1)現状把握
2)退去時リフォーム見積もり→完成のタイムスケジュール
3)ポータルサイトの掲載
4)現地ヒアリング
5)オーナーさんご本人が実践できるジモティ

 

 

どんどん仕込んでいってほしいですね。

 

 ではまた書きますね。

 

 

即日空室を埋めたい大家さんで
コンサルタントを検討したい方へ
フィーリングリフォーム®
ビジネス個別相談会
詳しい内容はこちら
%%%_LINK_9010_%%% 

 

ぜひ会いに来てくださいね!